プロフィール

totomaru

Author:totomaru
ミュンヘン在住、
猫と音楽が大好きな
理系大学院生です。
写真はうちの猫のトトくん,
2011年3月生まれの
キジシロです。
ブログの更新は1日おきです。

CalendArchive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫と冬休み・2 - 地下道の話

トトくん、さっそくお気に入りの場所を開拓。

タンスの上に↓

DSCN8907.jpg

初めの日は落ち着かなかったようですが、

どんどんと探検していまいした。

トイレもすぐ覚えてくれたし、ご飯もそっこー食べてくれたし、

うちの猫は手がかからないです。

DSCN8906.jpg

今回、バイエルンのミステリーとも言える、

謎の地下道を見学してきました。

これErdstallと呼ばれています。(→ http://de.wikipedia.org/wiki/Erdstall )

6d07892dc5.jpg
http://www.zwiesel.de/kunst-und-kultur-in-zwiesel/unterirdische-gaenge.html

この地下トンネルはバイエルン、オーストリアの北部、南フランス、アイルランドに見つかっている、

誰が、いつ、何の為に作ったのかわからない

という、謎の地下構造物です。

教会や墓地、農村の集落の下で大抵発見されるそうです。

11世紀頃の記録があるので、それ以前から存在していたということですが、


1.大抵、大人1人がやっとくぐりぬけられるような入り口になっている。

  → 避難所や食料貯蔵庫ではない。

2.出入り口が1つしかない 
 
  → やはり敵から身を隠すための避難所ではない。

3.食べ物、人の排泄の後などの、有機物や、食器などが全く見つからない。

  → 住居や刑務所ではない。


ということで、有力な説は宗教的な場所、ということです。

古さを考えると、キリスト教が伝わる前のものかもしれませんね。

ロマンを感じますよね。

今ではこの地下トンネルについての学会もあるんだそうです。

意外と知られていない、このミステリースポット。

皆さんも是非!



「東北関東大震災」支援クリック募金にほんブログ村 猫ブログへ

===============================================
トトまる in München Facebook ファンサイト → こちら
===============================================
スポンサーサイト
THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット |

COMMENT

No title

こんにちは。

トトちゃん、すぐに新しい場所に慣れるので、
大らかな猫さんなのですね。

地下道、初めて知りました。
おもしろいですね!
何に使っていたのでしょう?
瞑想かなあ?( ̄ω ̄;)

nobi8nさん

こんにちは!
意外と大らかなようです。
出かける前にご飯を与えないでおいて、
ついてからあげると、よく食べてくれるのでいい方法だと思いました!

魂が生まれ変わる場所とされていたのかも?という説もあるようです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。